monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お買い物レビュー特別編として、究極の一品 をご紹介します。

第11回は、2008年3月1日に購入しました PLUS さん 発売の 個人情報保護スタンプ
『ケシポン(ブルー)』
です!

ケシポン002 ケシポン003

購入店:「文房具店」 さん(実店舗)
購入金額:998円(税込)/標準価格 998円

ケシポン 個人情報保護スタンプ (Amazon.co.jp)
ケシポン 個人情報保護スタンプ (楽天市場内)
の価格比較はこちらから。(検索結果にリンクしています)

この商品は、シュレッダーよりも簡単で、ポンっと押すだけで他人に知られたくない情報を隠せます!
まずは購入した際のパッケージ写真です。

ケシポン001

商品の詳細です。
大きさは、本体が幅59mm×奥行き31mm×高さ60mm。
印字面の大きさが幅42mm×高さ13mmです。
本体の材質はABS樹脂製。
商品は、浸透式のスタンプです。

特徴は、
・スタンプ台がなくても続けて捺印ができます。
・ダイレクトメールの宛名や印刷物に多いゴシック字体・明朝字体を見えにくくする新開発特殊印字パターンを採用しています。
・約2,000回鮮明に捺印できます。(インク補充状態から、連続1,000回捺印毎に半日間保管した場合の目安です)
・耐水・耐光・耐薬品性に優れて隠ぺい力の強い顔料系油性インクを使用しています。
となっています。

実際に使用しました。
気持ち良くポンっと押せますね、動きもスムーズです。
インクの濃さも問題なし。
ちょっと印字面が小さいようです。
1回で消しきれない場合が結構あります。
幸い連続捺印ができますので、何度かに分けて押せばOKです。
それから位置合わせがなかなかうまく行きませんが、ちゃんと捺印面ガイドも付いていますし、しばらく使用していたら慣れました(笑)。
透明なボディの商品が出れば、なお良いと思います。
PLUS さん、検討よろしくです(笑)。
レーザープリンターで印刷された文書(印字が光っているもの)は苦手です。
何度も押しても、光の加減でどうしても見えてしまい、保護しきれません。

総評です。
人気爆発で一時品薄になるのも納得の、非常に便利で有用な商品です。
注意点は1点、レーザープリンター等で印刷された、印字面が光っている文書(Amazonさんの納品書など)は保護しきれませんので、同じく究極の一品でご紹介している
「name-off ネームオフ」 の使用をおすすめします。
それ以外は、完璧といえる使い易さですね。
個人情報の保護と紙のリサイクルを両立する、ありそうでなかったすばらしい商品です。
もちろん、おすすめです!
補充インクも購入決定です。

-----------------------------------------------------------------
商品名:『ケシポン 個人情報保護スタンプ』
購入店:「文房具店」 さん(実店舗)
購入日:2008年3月1日
購入金額:998円(税込)/標準価格 998円
おすすめ度 ★★★★★★(究極レベル!)(満点6)
-----------------------------------------------------------------
最終更新日:2008年3月22日

関連記事
name-off ネームオフ(ハンディシュレッダー):究極の一品レビュー第7回
2008年3月01日 ケシポン 個人情報保護スタンプ 購入!
2008年2月15日 雑誌 GoodsPress 2008年3月号 注目記事

その他の究極の一品レビューは、究極の一品レビュー:目次 からどうぞ。
スポンサーサイト
お買い物レビュー特別編として、究極の一品 をご紹介します。

第7回は、2005年2月17日に購入(到着)しました インフ・デザイン さん の
ハンディシュレッダー
『name-off ネームオフ』
です!!


リンク先:「東急ハンズ通販倶楽部」 さん(楽天市場内)

name-off ネームオフ(ハンディシュレッダー) (Amazon.co.jp)
name-off ネームオフ(ハンディシュレッダー) (楽天市場内)
のショッピングはこちらから(検索結果にリンクしています。)

この商品は、ダイレクトメールや請求書等の廃棄の際に、宛名や請求書の金額、
カード番号など他人に見られたくない部分だけを切り取ることに特化した、
シュレッダーとは別の発想から生まれた全く新しい文房具です。
簡単に説明すると、多孔式の穴あけパンチ ですね。

使い方は簡単で、パンチと同じ要領で、穴を開けたい部分を挟んで押すだけです。
7つの近接した穴が開き、ダイレクトメールの住所・氏名など見られたくない部分
だけを切り取ることができます。
切り取られた破片は直径6mmで、そこから情報を読み取られる不安もしっかり
考慮しています。

普通のシュレッダーは、紙ゴミが大量に出てしまいますが、これを使用すれば
最小限のゴミしか出さず、更に処理後のハガキ等も資源回収に回せることから、
環境問題にも貢献するエコロジーなグッズです。

本体の大きさは、長さ133.8mm×幅24.2mm×高さ34.2mm(高さ使用時:約66mm)
重量は、約220g。
材質は、主要部分が金属製、レバー部分がプラスチック、底面のダストカバーがゴム製です。
カラーは、全4色(ネイビーブルー/ワインレッド/赤/白)あります。
購入したのは、ネイビーブルーです。

実際に使用しました。
紙を挟んで穴を空けるだけですので、非常に簡単です(笑)。
効果は抜群で、宛名等まったく読めなくすることが出来ます。
1度穴を空けた後に、すこしずらして穴を空けると、更に完璧です。
現在まで使用していますが、特に不具合は無く、丈夫に出来ていますよ。

総評 です。
これはすばらしいアイデアグッズです。
簡単に個人情報を処理することが出来ます。
しかも、処理後の紙を資源回収に回せるところがすばらしい!
個人情報の保護が叫ばれている今、1つは持っていて損はないでしょう。
非常におすすめです!

--------------------------------------------------------
商品名:『name-off ネームオフ』
購入店:「インフ・デザイン」 さん
注文日:2005年2月13日(2月17日 到着)
購入金額:1,470円(税込・送料別 300円)
おすすめ度 ★★★★★★(究極レベル!)(満点6)
--------------------------------------------------------
最終更新日:2007年7月15日

その他の究極の一品レビューは、究極の一品レビュー:目次 からどうぞ。
お買い物レビュー第2回目です。
今回は、S・D・I Project さん の セキュリティグッズ
『スキミングブロッカー スキミング防止シート』 です!!


左画像:カード用2枚入り
右画像:財布用
リンク先:「ロアスダイレクト」 さん(楽天市場内)

スキミングブロッカー スキミング防止シート (Amazon.co.jp)
スキミングブロッカー スキミング防止シート (楽天市場内)
のショッピングはこちらから(検索結果にリンクしています。)

この商品は、スキミングを防止するためのグッズです。
なお、スキミングとは、他人のクレジットカードやキャッシュカードの裏面にある
磁気テープに記録されている各種データ(口座番号など)を、
カード情報読み取り装置で盗み取る行為を指します。
非接触式スキミング といって、カバンの中に入れてあるカード情報ですら、
外から盗まれてしまうんだそうですよ。怖いですね~

使い方は簡単で、この商品にカードを挟んでカードケース等に入れればOKです。
ですが、自分はカードを2つに切り離して、カードケースに直接入れて使用しています。
この方が複数のカードを保護することができるので、おすすめです。
ただし、効果が弱まる可能性がありますので、あくまでもご参考に(笑)。

この商品には、財布用のものもありまして、そちらも2つに切り離して使っております。
本来は財布のお札入れに入れて使用するみたいですが、
この方がだんぜん収まりがよく、ほとんどの財布に対応できると思います。
大きさは、カッター等で切れば調節できますよ。

肝心の効果ですが、手元に「非接触ICカードリーダ・ライタ」がありましたので
実験しましたが、ばっちり読み取れなくなりました。
一定の効果はあるようです。

手ごろな価格ということと、備えあれば憂いなしで、使用してみてはいかかでしょう。

--------------------------------------------------------
商品名:『スキミングブロッカー スキミング防止シート』
購入店:「ロアス ダイレクト」 さん(楽天市場内)
購入日:2006年2月23日
購入金額:1,596円(税込)
おすすめ度 ★★★★★(満点6)
--------------------------------------------------------
最終更新日:2007年7月8日

その他のお買い物レビューは、お買い物レビュー:目次 からどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。