monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注目商品、今回は maxell マクセル さん発売の アルカリ乾電池
「ボルテージ」
実勢価格 430円(単3乾電池×4本入り) です!

リンク先:「Joshin web 家電とPCの大型専門店」 さん(楽天市場内)

maxell アルカリ乾電池 ボルテージ (Amazon.co.jp)
maxell アルカリ乾電池 ボルテージ (楽天市場)

の最新価格はこちらから。(外部リンク)

「業界初 特許新亜鉛合金採用で液もれ防止設計を実現した、夢のアルカリ乾電池」
アルカリ乾電池はパワーで選ぶか、価格で選ぶか、それだけが判断基準ではありません。
マクセルNew「ボルテージ」は、液もれ防止設計を採用したアルカリ乾電池です。
使い切った乾電池を機器内に放置し、さらに放電が進んだ「過放電」の状態になると、乾電池内には水素ガスが発生します。乾電池の内圧が上昇して破裂するのを防ぐために、内部の水素ガスを外部に出す必要がありますが、水素ガスを放出する際に、電解液も同時に出てしまうのが、「液もれ」です。
そこでマクセルでは、過放電下の液もれを防止するために、負極に使う亜鉛合金を見直しました。
そして、水素ガスの発生量を大幅に減らす新亜鉛合金「MICROZINC α」を採用し、液もれを抑えることに成功。
これで「液もれ防止設計」を実現しました。

また、JIS規格「使用推奨期限5年」を実現!
製造月から5年を経過しても、JIS(日本工業規格)が定める初度の値以上の性能を発揮します。
長期保管時にも電池の自然劣化を抑え、使用時に「瞬発力」「大馬力」「持久力」の長持ちトリプルパワーを発揮します。
パワフルなアルカリ乾電池は、もはやスタンダード。
これからは、安心して使える「液もれに強いアルカリ乾電池」を選んでみてはいかがでしょうか。

なお、アルカリ乾電池に関しては、ASCII.jp さんに 「驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験!」 (外部リンク)の特集記事があります。
有名メーカーから100円ショップの電池まで、アルカリ乾電池を徹底比較した渾身の特集で、非常に参考になる記事ですので、まだ見ていない方は一度ご覧になることをおすすめします。

<メーカーサイト>
アルカリ乾電池New「ボルテージ」 -マクセル- (外部リンク)

関連記事
maxell ボルテージ アルカリ乾電池 単3形 12本パック LR6(T) 12P 購入! (2009/11/20) ←購入しました!
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~

これは良い情報をありがとうございました。
暫く使用しない物で電池で動く物でも、
電池を入れっ放しにしててもいいって事ですよね。
液漏れするので、今までは、いちいち電池を外していたけど、
この電池なら楽ですね。
2009/05/26(火) 22:00:18 | もりぽっぽ | [ 編集]
Re:もりぽっぽ さんへ
>もりぽっぽ さん、こんばんは!
いつもご訪問、ありがとうございます。
乾電池も日々進化しているようです。
ブランドの乾電池なら安心して使うことができます。
では、また来てくださいね。
2009/05/26(火) 22:14:48 | monsirou | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monsirou.blog111.fc2.com/tb.php/1026-faec14f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。