monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塩野七生 さん 著、新潮社 さん 発行、新潮文庫
『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 1・2・3』 を購入しました!
購入日:2009年6月1日

リンク先:「楽天ブックス」 さん

購入店:「書店」 さん(実店舗)
購入金額:1巻 420円(税込)
購入金額:2巻 380円(税込)
購入金額:3巻 420円(税込)

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) (Amazon.co.jp)
海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) (楽天ブックス)
のお買い物はこちらから。 (検索結果にリンクしています)

「ローマ人の物語」に並ぶ代表作 全6巻刊行開始
外交と貿易、軍事力を武器に自由と独立を守り続けた「地中海の女王」ヴェネツィア共和国。その一千年の興亡史が今、幕を開ける。
購入した本の詳細です。

『第1巻』
海よ、おまえと結婚する!
海に生きたヴェネツィア共和国、その一千年の興亡史が幕を開ける。
本の大きさは、文庫サイズです。
全240ページ。
本文イラストあり、著者あとがきはありません。
カバー装画:エルハルト・ロイヴィッヒ ブライデンバッハ著「聖地巡礼」の挿絵(部分)
2009年6月1日 発行
購入した本は初版です。

『第2巻』
なぜヴェネツィアだけが長命を保ちえたのか
無名の、しかし政治・経済のプロであった男たちの、毅然たる生き様。
本の大きさは、文庫サイズです。
全176ページ。
本文イラストあり、著者あとがきはありません。
カバー装画:ジョヴァンニ・ベッリーニ「元首レオナルド・ロレダン肖像」
2009年6月1日 発行
購入した本は初版です。

『第3巻』
最強のライヴァル、ジェノヴァとの激闘
地中海の交易市場を巡る壮絶な攻防の末、生き残るのはどちらか。
本の大きさは、文庫サイズです。
全224ページ。
本文イラストあり、著者あとがきはありません。
解説:渡辺 靖 カバー装画:ヴィットーレ・カルパッチョ「聖十字架遺物の奇跡」(部分)
2009年6月1日 発行
購入した本は初版です。

「ルネサンス著作集」中の大作、待望の文庫化です。
基本的に本は保管スペース、価格面の事情により文庫版の発売を待って、購入しています。
読んだ本を処分したくはないですからね。
なお、現在読んでいない本が溜まっているので、しばらく積んでおきます(^_^;)

関連記事
ルネサンスとは何であったのか(新潮文庫) 購入!(2008/6/8) 他
当ブログ内 「塩野七生」 の検索結果は、このリンクからどうぞ。(この記事の下に表示されます)

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monsirou.blog111.fc2.com/tb.php/1044-e24764c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。