monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晋遊舎 さん発行の ホンモノがわかる家電情報誌
『家電批評 2010年1月号』
を購入しました!
購入日:2009年12月7日

家電批評 2010年 01月号 [雑誌]家電批評 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/03)
不明

商品詳細を見る
リンク先:「Amazon.co.jp」 さん

購入店:「書店」 さん(実店舗)
購入価格:590円(税込)/定価 590円

雑誌 家電批評 年間購読 (/~\Fujisan.co.jpへ)
雑誌 家電批評 年間購読 (楽天市場内 三省堂書店)
雑誌 家電批評 最新号 (Amazon.co.jp)
雑誌 家電批評 最新号 (楽天市場)
の最新価格はこちらから。(外部リンク)

日本初の家電専門誌、月刊化第2号!
姉妹誌「MONOQLO」増刊から独立した月刊誌として再出発。
メーカーとのしがらみのない立場で語られる、本音のレビュー。どれが一番使いやすいのか、どれがもっとも良い商品なのか、そんな読者が本当に知りたいコトをきっちり解説する、日本初にして唯一の家電専門誌です。

雑誌の発売日は12月3日。
本誌の大きさは 縦257×横184mmのB5サイズ、全164ページ(前号±0ページ)で、特集は
「総力特集 年末総決算! 今、「買うべき家電」と「買ってはいけない家電」はコレだ! 人気家電ベストバイ&ワーストバイ」
別冊付録「型落ち底値診断リスト AV&PC編」
です。
別冊付録の大きさは 縦210×横150mmのA5サイズ、オールカラー全52ページ。
製品のスペック等の記載がなく情報は必要最低限ですが、その分多数の商品が掲載されているのは、前号付録と同一です。

家電批評 2010.01

家電批評、月刊化第2号を購入しました。
今号は「人気家電ベストバイ&ワーストバイ」の特集1本勝負。
ページ数も多く、AV家電、PCから白物家電まで内容はかなり充実しています。
この雑誌、とにかく広告ページが少ないです。表紙裏、裏表紙表裏以外はほぼ自社出版の雑誌広告のみで、後はすべて記事が占めています。
半分近くが広告ページという雑誌もある中、それでも価格は他社雑誌と同等に抑えられていて、特筆すべき内容です。
余計なページが少なく、読んでいて気持ちが良いですね。
メーカーとのしがらみのない、あくまで読者目線でレビューするという編集部の心意気が伝わってきます。
これは2号目にして気に入ったので、定期購読したいと思います!

次号は2010年1月4日(月)発売です!

関連記事
雑誌 家電批評 2009年12月号 購入! (2009/11/27)
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
特選街も色んな目線からの評価が好きですが
若干、評価にメーカーの偏りがあるように思いますが
家電批評の評価は好きですね
買ってはいけない家電とか辛口評価が実にいいです
ドクロマーク付の商品持ってたら
ちょっと凹んでしまいますが・・・笑
2010/01/04(月) 13:17:24 | 権左ヱ門 | [ 編集]
こんばんは!

何のしがらみの無い冷静な目、判断というのは、一番ありがたいですよね!応援凸
2010/01/04(月) 20:35:32 | ぴーち | [ 編集]
Re:権左ヱ門 さんへ
>権左ヱ門 さん、こんばんは!
いつもご訪問ありがとうございます。
家電批評は今の路線を維持し続けて欲しいです。
確かにドクロを持っていたら凹みますね。
今のところ大丈夫ですが(笑)。
では、また来てくださいね。
2010/01/04(月) 23:18:44 | monsirou | [ 編集]
Re:ぴーち さんへ
>ぴーち さん、こんばんは!
いつもご訪問ありがとうございます。
スポンサーの意向は無視できないでしょうからね~
読者目線の貴重な雑誌です。
では、また来てくださいね。
2010/01/04(月) 23:21:20 | monsirou | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monsirou.blog111.fc2.com/tb.php/1279-2274b5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。