monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球を守るために個人が出来ることの第2回目です。
1回目の記事は こちら です。

「製造段階から環境に配慮されたモノを選んで買う」

みなさんはモノを買う際に、どのような基準で選んでいますか?
大抵は、品質(性能)と価格とのバランスで選んでいると思います。
環境意識の高まりで、省エネ等地球に優しいモノであることもようやく重視されるようになってきましたね。
これらの基準はわかりやすいし、見えているので気が付きやすい。
それは、出来上がったモノに対しての評価だからです。
ですが、たとえ出来上がったモノがどんなに地球に優しいことをうたっていたとしても、つくられる段階で環境破壊をおこしているとしたら、それは地球環境に優しいと言えるのでしょうか?
「本当に大切なものは目に見えない」という言葉がありますが、これはモノを選ぶ際にも当てはまると思います。
出来上がったモノが地球に優しいのはもちろんとして、目には見えない製造段階から環境に配慮されているモノを選ぶことが大切なのです。

それでは「製造段階から環境に配慮された」とはどのような状態なのか。
それは「持続可能な状態が保たれている」ことだと思います。
自然環境には再生能力があり、破壊されても一定の期間が経てば回復します。
この期間より早くモノをつくらないようにすること。
そうすれば、環境を維持しつつ持続してモノをつくることが可能です。
他にも、製造段階で有害物質を極力使わない、使っても外に出す前に適正な処理をする、下水を直接河川に流さない等、周辺環境を汚染していないこと。
また、従業員に健康被害が出ない労働環境であることや、作業に見合った報酬が支払われていること。
これらを満たしてつくられたモノはそれ相応の価格になるはずですが、それが適正なモノの価格なのです。
最近はとにかく安ければ安いほど良いといった、価格だけを極端に重視してモノを選ぶ人が多いように思えます。
ですが、環境や誰かの犠牲の上につくられているモノは、買うべきではないのです。

-次回に続く-
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monsirou.blog111.fc2.com/tb.php/1320-c96adb6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。