monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月4日発売の
雑誌 日経トレンディ 2008年4月号(日経ホーム出版社 さん 発行) 定価550円
注目記事 について記入します。
特集 の内容等は、3月5日 の記事をご覧ください。


“特集 春は買い替え!” の記事より
P32 Canon キヤノン さんの 電子辞書
「wordtank V903」
実勢価格 36,000円


リンク先:「イーベストPC・家電館」 さん(楽天市場内)

キヤノン wordtank V903 (楽天市場内)
の価格比較はこちらから。(検索結果にリンクしています)

中国語系辞書が満載の電子辞書です!
中国語系のコンテンツ数が15と業界最多。
地方言語の会話集や現地出版社の中中辞典などを収録し、中国語のネイティブ発音数も中日大辞典の14万語などと断トツに多いです。
メインパネルでの手書き検索やペンタッチ操作にも対応しています。
個人的には他社にあるキーボード側の手書きパネルは不要と考えています。
キーの数が制約を受けますし、メインパネルで対応していれば良いのでは。
キヤノンの電子辞書、地味ですが反応が早く、キー配列も使いやすいのでおすすめですよ!


P34 三洋電機 さん の リニアPCMレコーダー
「ICR-PS390RM」
実売価格 35,000円


リンク先:「Joshin web 家電とPCの大型専門店」 さん(楽天市場内)

ICR-PS390RM リニアPCMレコーダー (Amazon.co.jp)
ICR-PS390RM リニアPCMレコーダー (楽天市場内)
の価格比較はこちらから。(検索結果にリンクしています)

大容量かつコンパクト、趣味と仕事両方で使えるリニアPCMレコーダーです!
リニアPCMは、音を圧縮せずに記録する方式で、鳥の声や鉄道の音、楽器演奏の音の収録等に威力を発揮します。
このモデルはICレコーダーと変わらないコンパクトなサイズで、携帯性の良さが際立ちます。
内蔵メモリーは8GB。
パスワードを設定すると、ファイルの存在を隠せるセキュリティ機能を搭載し、ビジネス用途でも安心です。
もちろん、MP3でも録音可能です。


P58 SIGMA シグマ さん の コンパクトデジタルカメラ
「SIGMA DP1」
実売価格 95,000円


リンク先:「カメラのミツバ」 さん(楽天市場内)

SIGMA DP1 (Amazon.co.jp)
SIGMA DP1 (楽天市場内)
の価格比較はこちらから。(検索結果にリンクしています)

デジタル一眼レフカメラと同じ大型の撮像素子を搭載し、赤緑青の光を3層で取り込む構造で、有効画素数は1400万画素。
通常のコンパクトデジカメの撮像素子の7~12倍の面積で情報を捉えるため、きめ細かい画像を残すことができ、ボケ感も出せます。
重さ250g。
ズーム無しの広角28mm(35mm判換算)レンズで、とことん画質重視です!
これは非常に気になるモデルです。
ズームレンズ搭載版が出れば購入候補です!


“ヒットの軌跡” の記事より
P140 ナショナル(パナソニック) さん の 電球形蛍光灯
「パルックボールプレミア」
実勢価格 948円~


画像左よりA形/D形/G形
リンク先:「ムラウチ」 さん(楽天市場内)

パルックボールプレミア シリーズ (Amazon.co.jp)
パルックボールプレミア シリーズ (楽天市場内)
の価格比較はこちらから。(検索結果にリンクしています)

この商品は、54Wの60形シリカ電球(一般的な白熱電球)相当の明るさで、消費電力は約5分の1の10W、寿命は1000時間程度といわれる白熱電球の10倍の1万時間に及ぶ、省エネ効果抜群の電球形蛍光灯です!
松下の技術者が貫いたスパイラル形への意地と、終わりなき技術の競い合いが原動力となって生まれました。
電球形LEDの価格がまだ高いので、LEDが普及するまではこの商品を使いたいです!


以上です。
次号は4月4日(金)発売です!

追記
2008年3月20日 電球形蛍光灯 パルックボール プレミア 60形 ナチュラル色 A形&D形 を購入しました!
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!mitiluです!!

パルックボールがいいですね! 家にあるフランス製の照明器具についている、白色電球は消費電力が凄いので途方にくれてましたww
やっぱり輸入家電の弱点かもww
安いですねww
思わずうなってしまいましたwww
これで光が柔らかければ、言う事ないかも・・・・・・・


あ、モスピーダの設定教えてくださりありがとうございますww
ちょっと、思いつかないような設定でwww
でラストはどっちが勝つんですか????
微妙に気になります。

応援ポチ&環境ポチ&その他ぽちです!!!
2008/03/14(金) 16:43:07 | mitilu | [ 編集]
Re:mitilu さんへ(回答&御礼)
>mitilu さん、こんばんは!
いつもありがとうございます。
パルックボール、とても環境に優しい商品だと思います。
雑誌の記事では、プロジェクトXばりに開発に苦労した逸話が書かれていて、ますます共感してしまいますよ(笑)。

モスピーダ、ラストが気になりますよね。
自分の記憶も定かではなくて、多分こうだったという前提でお伝えします。
地球にある異星人インビットの本拠地に向けて、第3次地球降下作戦が始まります。(第2次地球降下作戦は、人類側である火星軍の敗北)
それに合わせて、主人公たちも本拠地に到着し、作戦に参加するかたちとなります。
第3次地球降下作戦はインビットをかなり追い詰めますが、レギオス等の通常兵器では最終的に勝てず、火星軍人類側は最後の手段として最終兵器アヌビス-1を発射、地球に居座るインビットを地上に残る人類ごと巻き添えにして滅ぼすことを選びます。
ですがその時にはインビットは人間型に進化していて、人類と共存する道を選ぶ個体が出てきていました。
一方あくまで人類を滅ぼそうとする好戦的な個体もおり、インビット側が戦争継続派と平和派の2グループに分かれます。
それに気付いた主人公たちは、地球を守るためにインビットの戦争継続派と決戦、これに勝利しさらに最終兵器発射を阻止する為に火星軍にも攻撃を行ないますが阻止に失敗します。
最終兵器が地球に迫り、地球は全滅と思われましたが、最後はインビットの女王が地上の人類と人間と共存を選んだインビットを救うために力を発揮し、最終兵器アヌビス-1を中和、無力化。
さらに女王自らの意思で地球を放棄、地球に残る道を選んだ固体を除き、部下を引き連れて宇宙に旅立ちます。
結果的に地球は平和になり、主人公たちもハッピーエンド。
火星軍の軍人であるスティックは、平和になった地球から1人火星に戻り、物語完結です。
打ち切りの割にはきれいに最終回を迎えています(笑)。

さて、本日はホワイトデーですね。
バレンタインのお礼にmitilu さんに温かい飲み物をお送りします( ^^) _旦~~
あとは機会があれば別に御礼をしますヨ。
それまでちゃんと覚えておきますネ♪
応援ポチ&環境ポチ&その他ぽち、いつも感謝です!
ではでは、また来てくださいね。
2008/03/14(金) 23:15:20 | monsirou | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monsirou.blog111.fc2.com/tb.php/623-9f562541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。