monsirouのガイア戦記

地球上の全ての生き物が暮らしやすい世界の実現を目指しています。環境問題を中心とした生活情報、購入した商品のレビュー記事など、日頃感じていることを独断で綴ったブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月1日は、塩野七生 さん 著、集英社 さん 発行、集英社文庫
『ローマから日本が見える』 を購入しました!



リンク先:「楽天ブックス」 さん

購入店:「書店」 さん(実店舗)
購入金額:680円(税込)

ローマから日本が見える (集英社文庫) (Amazon.co.jp)
ローマから日本が見える (集英社文庫) (楽天ブックス)
の価格比較はこちらから。 (検索結果にリンクしています)

国家はいかに興り、いかに滅ぶののか。
混迷の時代に、現代日本人にとって学ぶべき歴史の教訓とは。
著者自身による、もう一つの「ローマ人の物語」。

本の詳細です。
本の大きさは、文庫サイズです。
全416ページで、カラーページはなく、著者まえがきがあります。
カバー装画:「ユリウス・カエサル像」(部分)
2008年9月25日 第1刷/第1刷購入

ローマ帝国の興亡を描く「ローマ人の物語」(新潮社刊 2006年、全15巻で完結)の著者自身による、文字通りのもう一つの物語です。
この本は、ローマ建国から第二代皇帝ティベリウスまでの時代を扱っています。
「ローマ人の物語」は文庫で購入して読んでいますが、この本は復習のつもりで読みたいと思います。
ちなみに「ローマ人の物語」は、現在 第27巻 すべての道はローマに通ず[上] を読んでいるところです(笑)。

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)
(2006/09)
塩野 七生

商品詳細を見る
リンク先:「Amazon.co.jp」 さん
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
わたしも「ローマ人の物語」の第1巻を読み出したのですが、いったい何巻までになるのかな。
先は長い。
内容はおもしろいし読みやすいです。

2008/11/01(土) 17:54:50 | ゆめの虹 | [ 編集]
Re:ゆめの虹 さんへ
>ゆめの虹 さん、こんばんは!
いつもご訪問、ありがとうございます。
おお、ゆめの虹 さんもお読みでしたね。
お互い完読目指して頑張りましょう(笑)。
では、また来てくださいね。
2008/11/01(土) 21:18:21 | monsirou | [ 編集]
こんばんは!
面白い本なんですね^^
「温故知新」歴史は繰り返す・・
やはり人間の考える根本的なものは
普遍なんでしょうね。。
もしも機会がありましたら、読んでみますね^^
それでは、応援です凸
2008/11/01(土) 22:19:38 | ぴーち | [ 編集]
こんばんは~いつもありがとうございます。
応援しにきました~
ローマ人の物語って小説なんですよね?
小説で27巻とかすごくないですか。
漫画本だったら読みそうだけど、小説で27巻は驚きです!!
2008/11/02(日) 02:49:52 | 太陽ピカピカ | [ 編集]
Re:ぴーち さんへ
>ぴーち さん、こんにちは!
いつもご訪問、ありがとうございます。
この本を読むと、ローマ帝国の偉大さがよくわかりますよ。
2000年も前の国ですが、凄いです。
応援凸、いつも感謝デス。
では、また来てくださいね。
2008/11/02(日) 13:18:08 | monsirou | [ 編集]
Re:太陽ピカピカ さんへ
>太陽ピカピカ さん、こんにちは!
いつもご訪問、ありがとうございます。
ローマ人の物語は、文庫版が現在34巻まで発売です。
購入は済んでいます(笑)。
応援いつも感謝デス。
では、また来てくださいね。
2008/11/02(日) 13:21:01 | monsirou | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monsirou.blog111.fc2.com/tb.php/806-58d2b43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。